コラム 初めての定期テスト

ゴールデンウィークも終わり、中学1年生はいよいよ初めての定期テストを迎えます。

2・3年生と違い1年生は初めてなので、どのような問題が出てくるのか、また小学生の時と勉強法を変えなければならないのかなどいろいろ悩むと思います。

今回は1年生に向けて学習法の例をあげたいと思います。

もちろん、この例は2・3年生でも使えると思います。


すでに配布されているかもしれませんが、試験2週間前になるとテストの範囲表が配布されます。

小学校とは違い単元ごとのテストではありませんので、試験範囲は広くなります。

範囲表を見るとわかりますが、ほとんどの教科で提出物があると思います。

ワークやノートということが多いですが、提出物を提出しないと仮に良い点数を取ったとしても成績は下げられてしまいます。

また、提出物をしっかりと提出していれば仮に点数がかなり低かったとしても多少なら温情が与えられることがあります。

ですので、まずは最初の1週間以内に提出物をすべて終わらせましょう。


提出物が終わったら、次は漢字や単語、語句など暗記ものを覚える作業です。

1週間あれば大抵のものは覚えることができると思います。

これでテストに臨めば、悲惨な結果になることはまずありません。

暗記ものを早く覚えることができた場合は、学校のワークに再度チャレンジしてください。

提出物で1度解いていると思うので、今回は間違えた問題だけでもいいと思います。

定期テストの問題は学校の先生が独自に作るので、ワークと同じ問題ということが多々あります。

定期テストはそういう問題をいかにしっかりと解くかが重要です。

ワークは何度でも解くようにしましょう。


これが一例ですが、最善の勉強法は人によってもちろん違います。

今回の中間テストが終わったら、今回の勉強法を振り返ってみてください。

そうすると、何を勉強しておけばよかったかがわかると思います。

それを次回に生かすことで成績は上がっていくと思います。

テストはもちろん重要ですが、テスト後の反省も大切にしましょう。

フューチャー学院 蒲生・南越谷地域最安値学習塾

2学期の通知表の内申が1学期と比べ全員上がり、平均で5.3、最大で9上がりました。(1・2年生の技術・家庭科は1学期の数値がないため除きます)

0コメント

  • 1000 / 1000