コラム 過去問を始めましょう

今日で11月も終わり、明日からは12月です。

多くの学校では、12月に入ると三者面談があると思います。

そこで、私立高校に関しては公立・私立どちらを志望するにかかわらず受験校がほぼ決定すると思います。

受験校が決定したら、過去問に取り組まなければなりません。


毎年、確約をもらったのだから私立の対策はしなくてもいいのではという声もあります。

しかし、確約という制度は合格する確率は高くなると思いますが、絶対ではありません。

0点に近い点数ならもちろん不合格です。

ですので、ある程度の点数を取るためには問題に慣れないといけません。

学校のテストで点数が取れるのは確実に出題されるものがいくつかわかっているからで、入試でも過去問を解いていると、何が出やすいか必然的にわかってきます。

そういう問題を解けるようにしておけば不合格になることはほぼないと言えます。

私立高校に関してはそろそろ準備に取り掛かったほうがよいでしょう。


公立高校に関しては2月まで受験校が決まらない人も多いのですが、公立高校はどの学校を受験しても問題は同じです。

ですので、受験校が決まっていなくても過去問は購入できます。

まずは私立高校を優先ですが少しずつ公立高校の過去問にも手を付けるといいでしょう。


12月からの3年生はとにかく時間がありません。

1日1日を無駄にせず、大切に過ごしましょう。

フューチャー学院 蒲生・南越谷地域最安値学習塾

2学期の通知表の内申が1学期と比べ全員上がり、平均で5.3、最大で9上がりました。(1・2年生の技術・家庭科は1学期の数値がないため除きます)

0コメント

  • 1000 / 1000