コラム 分岐点

2学期の中間テストの結果も出そろい、早いところではもう期末テストの範囲表が配布されていると思います。

各学校の平均点を見ると、やはり中学3年生は部活動を引退し、受験に向けて頑張っているようで、平均点が上がっていました。

ですので、点数が上がっていても順位が思うように上がっていないなんてこともあったようです。


それに対し、1・2年生は平均点が下がっています。

特に1年生は1学期の時のような小学生の問題もなくなり、平均点がかなり下がっています。

平均点が下がるということはほとんどの人が点数を下げたということになります。


多くの人が点数を下げているので、下がった点数によっては順位は逆に上がることがあるだろうし、順位が上がっていればそれが救いとなります。

しかし、順位も下がっている場合はそうもいきません。


今はまだ下がったことに少なからずショックを受け、次はがんばろうと思っていると思います。

しかし、人間というものは時間とともにそのやる気が少しずつ失われていきます。

次のテストでしっかりと努力して点数が上がればいいですが、さらに下がった場合、もういいやとなってしまうことが多く、そうなると成績は急降下していきます。


点数が下がった人は次のテストが分岐点です。

成績を維持できるかどうか今後の中学校生活のすべてにかかってきます。

幸い中間テストと期末テストの間隔は短いので、やる気は維持できるはずです。

死に物狂いで頑張るといいと思います。

フューチャー学院 蒲生・南越谷地域最安値学習塾

昨年度、今年度と2年連続で公立、私立高校合格率100%を達成しました。

0コメント

  • 1000 / 1000